消化酵素と代謝酵素

酵素は生命の源です。

私たちは毎日摂取した食べ物は、そのまま体のエネルギーになるわけではありません。食物から取り込んだ栄養成分の分解、消化、吸収、運搬、代謝、排泄といった一連のプロセスにおいて、酵素は必要不可欠な役割をになっています。
私たちの体の中には、数千から数万種類の酵素が存在していると言われています。それをまとめて「体内酵素」と言います。また、生の野菜や果物、発酵食品などから「食物酵素」も摂取することで、体内酵素を助けることもできます。

「消化酵素」と「代謝酵素」の役割

体内酵素には、大きく「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられます。

「消化酵素」は、消化器内で分泌される酵素で、食欲を増進したり、食べ物を栄養として吸収しやすいように分解したりする働きがあります。

「代謝酵素」は、吸収された栄養素を細胞に届け、エネルギー源として働かせる役割を担っています。新陳代謝を促し、体内のバランスを調整し、治癒力や免疫力を高めてくれます。

「消化酵素」と「代謝酵素」のバランス

「最近、疲れがなかなか取れないし、ダイエットを頑張っても思うように痩せられない。。。」と感じる方はいませんか?

実は、体内に存在する酵素の数は一定であるため、「消化酵素」と「代謝酵素」のどちらかを使う量が増えれば、もう一方が必然的に減ってしまうと言われています。つまり、消化酵素を多く使うと、代謝に使える量が足りなくなり、体脂肪が増えたり、疲れが溜まりやすくなったりします。肌荒れなどの老化現象が生じて、免疫力も下がってしまいます。

消化酵素の働きを抑制し、代謝に多く使われるようにコントロールしたほうが、健康を維持するための近道と言えるかもしれません。

「代謝酵素」の働きを増強するために

1. 消化の負担を減らす。

代謝酵素の働きをアップさせるために、消化酵素を節約しましょう。

  • 食べ過ぎ、飲み過ぎを避け、腹八分目。また、脂っこいものはより多くの消化酵素を必要とするので、頻度を調整しましょう。
  • インスタント食品や加工食品には食品添加物が多く含まれ、消化に負担がかかるので、量を減らしましょう。
  • 食べ物をよく噛んで食べることで、消化・吸収を助けます。
2. 食物酵素を増やす工夫を。

食物酵素は、消化酵素を助けることができます。

  • 食物酵素はあらゆる食材から取れますが、熱に弱いのが難点です。生野菜や果物、低温熟成した食材、納豆、チーズなどの発酵食品を積極的に取りましょう。
  • 必要に応じて、酵素サプリから効率よく摂取することもおすすめします。

関連商品をチェック!

花見シリーズ商品のコンセプトは、「発酵がもたらす素晴らしい価値の提供」です。代表的な商品を下記の通りいくつか挙げさせていただきます。


前の記事

炭酸泡の力